So-net無料ブログ作成
検索選択

狩野英孝 宮城から上京…活動再開の陰にあった「実母の謝罪」

スポンサーリンク




6月1日、狩野英孝(35)の芸能活動再開を所属事務所が発表した。17歳女子高生との交際疑惑が原因で1月から無期限謹慎処分中だったが、それから半年での活動再開。復帰までには、知られざる“懺悔の日々”があったという。芸能関係者がこう語る。

「狩野さんは1月に謝罪会見を開いた後、都内のマンションを引き払い宮城の実家へ戻っていました。4月に東京へ戻るまで、そこでずっと謹慎生活を送っていたそうです」

狩野の実家は宮城県の櫻田山神社。1500年前から続く由緒正しい神社で、狩野は14年に神職の資格を取得し39代目神主となっている。実家周辺では意外な姿も目撃されていた。

「謹慎中のある日、狩野さんが神社の裏山にいたんです。寒さが厳しくスタッフが外で作業をするためのたき火が必要。狩野さんは薪集めを手伝っていたようです」(近所の住民)

そんななか、狩野の母はひそかに動き出していた。前出の芸能関係者がこう明かす。

「実は謹慎生活中、狩野さんの実母が宮城県から上京したんです。彼女は『社長に直接お会いして謝りたい』と申し出て、狩野さんを連れて都内のホテルで社長と面会。そこで『息子が本当に申し訳ありません』と言い、深々と頭を下げたそうです」

息子の復帰を願う母――。その謝罪が決め手となり、事務所も復帰へと舵を切り始める。ただし、そこには“条件”がつけられていたようだ。テレビ局関係者がこう語る。

「東京に戻った狩野さんは、所属事務所で雑用係をすることになりました。毎日始業時刻の11時までに出社し、終業時刻は19時。事務所は彼の本気度を試していたのでしょう。『1秒でも遅れたらアウト!』と厳しくチェックしていましたが、狩野さんは一度も遅刻をしなかったと聞いています」

そしてその生活は、謹慎解除後も続いていた。9日、本誌は所属事務所へと駆け込む狩野の姿を目撃した。時間は始業時刻の3分前、狩野は慌てて中へ入っていく。人目を気にしているのか、顔は帽子とマスクで覆われている。だが間から見える目は真剣そのものだった。

テレビ復帰は今のところ決まっていないという狩野。果たして、母の思いに報いることができるのだろうか?
(この記事はエンタメ総合(女性自身)から引用させて頂きました)
→年金+10万円もらう方法













nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。