So-net無料ブログ作成

不倫ブームのはるか前、日本を席巻した「蒸発妻」たちの言い分

スポンサーリンク




 私たちは「人の不倫をなじること」に侵されている――。

 この実に鋭い指摘は、コピーライターの境治が行ったものである。同記事によれば、2016年1月以降、テレビの報道番組における有名人の不倫報道の割合が急増し、それ以来、私たちは近年では類を見ないほど多くの不倫報道に晒されているのだという。

 たしかに、2016年頭の「ゲス不倫」騒動以降、テレビで不倫の話題を聞かない日の方が珍しい気がする。だから、報道番組で、もっと本当に社会にとって必要な話題、たとえば政治の話題などを扱って欲しいという声が上がるのも無理はないだろう。

 もっとも皮肉なことに、最近は肝心の政治を行う側の人間もまた、不倫報道の発信源となってしまっているのだけれど。

 このように、不倫報道には食傷気味な私たちではあるが、ここは一つ、不倫ブームの歴史を、一歩引いた視点で眺めてみるのはどうだろうか。

 というのも、マスメディアの不倫報道は、私たちの結婚や人間関係に対する考え方を映す、いわば「時代の鏡」のようなものだからである。よって、かつての不倫報道の流行を振り返ってみて、現在のそれと比較してみると、色々と面白いことが分かってくるのだ。

 さて、今回取り上げるのは、ドラマ「金曜日の妻たちへ」によって不倫という言葉が定着するさらに前の時代、まだ不倫が不倫とは呼ばれていなかった1970年代に起こった、一風変わった不倫ブームについてである。

 それは当時、こう呼ばれていた――「人妻の蒸発」と。
(この記事は社会(現代ビジネス)から引用させて頂きました)

★あのプロトレーダーによる  3ヶ月の本格投資スクールが  今なら「全編無料」でもらえます。












nice!(1)